Hang Out with Mr SLATER

FEATURE 51

Hang Out with Mr. SLATER
at DESCENDANT KYOTO

DESCENDANTのマスコット、Mr.スレイターが古都・京都へ。
今年3月14日のDESCENDANT KYOTOのオープニングに集まってくれたゲストをここに紹介するよ!

ベージュのセットアップで登場の京都店マネージャー本森くん。
『Khakee』は冒険心の可視化なんだ
ボクらはみんな子どもだった
そんな子どもの頃の探究心をもって未来を生きるのさ!
アースカラーのコーディネートはDESCENDANT のスタンダードさ。トップス、Keneddy's LSのCachalotの刺繍色は刺し色ネイビー
そこがポイントなんだよね。新谷さん
Humming Fleeceはトリムテープやスナップボタン、内装のシームテープの配色が楽しいんだ
伊藤さんはBarkley Capの配色をそれとマッチさせてるんだね
D51を着てくれている山田さん。
コットンナイロンのファブリックは張りが出る特性。だからシルエットが現れるんだ
インナーのTeamのフーディも洗いざらしの風合いでシルエットも出るし、なんといっても気持ちがいいよ
ジャケットでオールタイムフェイバリットってなに?って聞かれるとさ
やっぱり決まって答えてしまうアイテムってあるよね。
北田さんが着用のジャケットBALBOAはM65からヨーロピアンモディファイされたシルエット
ストリートトラッドって感じなのさ
最近は滑ってないな~
デッキを持ってる前羽さん
フーディはもちろんだけど、クルーネックにバックパックってスケーターズトラッドだよね
中澤さんのCAP、DORSAL 6PANELのDORSALってのはね、背びれの意味
それからCetusは鯨座
DESCENDANTのテーマなんだ
あ!かわいいね!柄は白黒で半分ずつ
イヌからしたらさ、2人が頼りなんだよね。
ボクはムシだから気持ち悪がれる。寂しいよ
けど浅野さんのECHOジャケットは甲虫のような輝きを持つサテン生地。
ということはインスピレーションは僕らムシからなんだ
DESCENDANTはシャツが豊富なんだ
デザインやシルエット、生地、仕様とありながら、シーズンムードってのも大事になってくるのさ
和輝さんと菜美さん、いつもありがとう