FEATURE 22

儚くも短い季節の思い出

DESCENDANTが春夏シーズンの定番として展開しているテキスタイルシャツ。

最初のテキスタイルシャツをリリースしたのは2016年、ブランドが初めて迎えた春夏コレクション。
大人、子供とそれぞれのカテゴリで展開し、テキスタイルのモチーフに選ばれたのはナイフでした。
現代においてナイフは危険なものとして子供から遠ざけられていますが、
ディレクターである西山が子供の頃、キャンプ好きであった父親からナイフを譲り受けた時、
何か特別な気持ちになったことを記憶していると言うように、
ある種イニシエーションのような形で、親から子へと引き継がれるものであるような気がします。

また、アウトドアにおいてナイフはキャンパーの最良の道具となります。
ナイフはゼロから何かを作り出す道具。
「作る」ことは「創る」ことでもあり、
これからDESCENDANTを創ってゆく上で相応しい道具。
そういった意味も踏まえて、DESCENDANTで最初のテキスタイルシャツのモチーフとなりました。

それ以降、シーズン毎に夏を終えて秋めいた頃には、来季のテキスタイルのモチーフが決まります。
西山が過ごしたその年の春から夏までの思い出や記憶、家族と過ごした写真を眺めては振り返り、
それらに関連づけられたモチーフへと絞り込まれ、具現化されたものがテキスタイルとなります。

なお今シーズン、2020春夏コレクションでは、
ガラパゴス諸島の固有種であるウミイグアナをモチーフに描き込まれたテキスタイルシャツが登場。
その由来は、西山の息子が去年オオトカゲと暮らすことを夢見ていたことから、
爬虫類を扱うペットショップへ一緒によく出掛けたという思い出に基づいています。

夏の盛り、儚くも短い季節に向けてリリースされるテキスタイルシャツ。
旅先で親子お揃いで着たり、
夕暮れ間際に着替え直してディナーに出掛けたり、
楽しさや優雅さを楽しめるテキスタイルシャツと共に、
夏の思い出を作ってもらえたら嬉しく思います。

SQUAMA TEXTILE SS SHIRT
201TQDS-SHM04
COLOR: BLUE, GREEN, WHITE
SIZE: MEN'S 1 (SMALL), MEN'S 2 (MEDIUM), MEN'S 3 (LARGE)
PRICE: ¥23,000 (+TAX)